結婚式 披露宴 プリンセスラインのドレス パニエ 必要?

結婚式の披露宴で着るプリンセスラインのドレスにパニエは必ず必要?

結婚式の宴内人前式・パーティーなどの際に、会場がレストラン等で歩くスペースが広く無いので、パニエで衣装をあまり膨らませたく無いと考えている場合もあるのではないでしょうか。

 

その際に、プリンセスラインのドレスには必ずパニエを履かないといけないのかな?と疑問に思ってしまうと思います。

 

こういう風に考える方は非常に多いですが、コーディネーターやブライダルモデルなど、ドレス・衣装に詳しい方に意見を求めると、パニエは必ず履いた方が良いと皆さん言うと思います。

 

 

この理由として、プリンセスラインのドレスは、プリンセスラインに合わせたパニエを履く前提で作られていますので、何も履かないと布が余り、丈が長くなってしまい、弾力も無く歩きにくくドレスを踏んでしまったり、高いヒールを履いたりしないといけなくなります。

 

また、写真うつりに関しても、ラインが壊れて、華やかさが無く綺麗では無くなってしまうので、パニエは着用したほうが良いとされています。

 

 

このあたりは、自分で実際にパニエ無しで歩いてみたり、鏡を見て客観視してみると納得出来ると思います。

 

 

また、それでも現実問題として、会場に歩くスペースが無い、テーブルの幅を広げる訳にもいかないという場合は、パニエの種類を替える事を考えれば良いと思います。

 

そこで、候補にあがるのが、プリンセスラインのドレスにAラインのパニエを合わせる方法です。

 

 

通常は、それぞれ一番ドレスを綺麗に見せる為のパニエがありますので、それを履くのが一番良いのですが、何も履かないのなら、少しサイズを落とすという方法を好みで選ぶ場合もあります。

 

このあたりは好みも関係して来ますので、自分の考えで履きたいものを選ぶ様にすれば良いと思います。

 

 

また、ドレスには他にもマーメイドライン・ストレートライン・Aラインと種類がありますので、会場の都合がどうにもならないのであれば、プリンセスラインドレスをパニエでボリュームダウンさせるよりも、ドレス自体を見直した方が良いという場合もあります。

 

 

このような選択肢もありますので、冷静に考え失敗しないドレス選びをするようにしましょう。


【⇒パニエのおすすめショップランキング!】