スカート パニエ 出たらおかしい? 長さ どれくらいが良い?

スカートからパニエが出たらおかしい?長さはどれくらいが良い?

パニエはロリィタスタイルでもフォーマルスタイルでも、スカートを膨らませる目的で利用するのが一般的です。

 

 

定義としては、スカートの下に履くアンダースカート・下着のようなものとされていますので、基本的にスカートから見えない長さのものを着用するようにします。

 

パニエの長さですが、このあたりは人やスカートの種類・丈の長さにもよりますが、一般的にはスカート丈−5〜10cm位のものが良いという意見が多く見られます。

 

パニエは短い方が歩きやすいのですが、短すぎるパニエを選ぶとスカートの形が途中からストンと落ちてしまったり、不自然なシルエットになったりする事もありますので、そこは注意が必要です。

 

 

また、ロリータスタイルなどの場合は、ソフトな質感のパニエを数枚所有し、重ねて好みのボリューム・ふわふわ感を出したり、スカートにあわせたパニエを用意していたりもします。

 

フォーマルなドレスにしても、ドレスを選ぶ際にパニエも同時に選ぶのが一般的だと思います。

 

 

そして、表題にある、パニエがスカートから見えたらおかしい?という事に関しては、パニエの裾にレース・リボンがついていたり、加工がされているデザイン性の高いものについては、ファッションによっては見せるように履いても問題無いと考え、そのように利用するという方もいます。

 

 

このことはパニエの解釈の仕方によっても変わって来ると思うのですが、フォーマル色の強いファッションや利用の場であれば、パニエが見える=下着が見えてるようなものと同義と考え、レディの嗜みではないと考えるという場合もあるようです。

 

 

しかし、アイドルやファッションスタイルによっては、パニエを見せるように履いたりする事もありますので、この辺は使いようだと思います。

 

 

パニエの歴史は18世紀ヨーロッパから始まった伝統のある古いものですが、現代の日本でのパニエの解釈は、それとは大分雰囲気も変わって違って来ているという現実もあります。

 

 

ですので最終的には、コーデ・自分次第で判断すれば良いと思います。

 

 

基本はスカート丈−5〜10cm・デザイン性の高いものなら見えてもOKという事を念頭に置いて、あとは合わせてみて自分で可愛いと思った着こなし・使い方をするようにすればOKだと思います。


【⇒パニエのおすすめショップランキング!】