パニエ スカート 透ける

パニエをスカートみたいに履くとき、透けるんじゃないかな?という疑問

パニエはあくまでもスカートの下に履くアンダースカートで下着のような扱いだと言う事は「スカートからパニエが出たらおかしい?長さはどれくらいが良い?」などで度々書いて来ました。

 

 

しかし、これはあくまでも古くからあるパニエの定義としては、スカートの下に履く下着と考えられている訳で、実際にファッション雑誌(zipperなど)を見てみると、パニエをスカートとして利用している例も沢山見られます。

 

フェアリー系などのファッションもパニエをスカートとする事もあります。

 

 

そもそも現代のファッションにおいては、幾ら過激だったり、本来の用途と違ったアイテムの使い方をした所で、上手くコーディネイトされていて不自然で無く可愛ければければなんでもOKと言う感もあります。

 

 

話は逸れますが、海外で日本の小学生が使うランドセルをモデルが可愛いと思い愛用した事が火付け役となり、今は世界中で日本のランドセルブームが起きている、と言うものをニュースでやっていました。

 

日本のアニメがきっかけでランドセルを知ったそうです。

 

日本では小学生が使うものという先入観がありますが、知らない人から見ればランドセルは上質な革で出来たキュートなカバンという事になるようです。

 

カバンなのですから、特に小学生しか使ってはいけないという決まりも無いです。(日本では小学生が大量に使っていますのでその環境の中で使うのはちょっと抵抗があるかもしれませんが…)

 

 

話は戻りますが、ファッションとはそのようなものですので、パニエについても同じでコーディネートしていればそれでOKだと思います。

 

そんなパニエですが、やはり普通のパニエを履いただけではレース素材や透ける素材で作られている為、中身が見えてしまいます。

 

 

ですので、これを回避する為に利用者はどうしているのかというと

 

 

  • ドロワーズを下に履く
  • パニエを重ねて履く
  • パンプキン・かぼちゃパンツを履く
  • ジーンズを履く
  • ショートパンツを履く
  • 短いスカートを履く
  • もこもこパンツを履く
  • タイツ
  • トレンカ
  • レギンス

 

 

など、様々な方法で対策をしている様です。

 

 

パンツの上にスカートを履くというスタイルも普通にあるコーデですので、パニエをスカートと考えるのであれば、それと同じように履けば良いと思います。

 

 

また、パニエを重ねて履くと膨らみすぎてしまう場合は、パニエをずらして調整したり、また逆にボリュームが足りない場合は、重ね着以外にかぼちゃパンツなどでふんわりさせたり、いろんなカラーパニエを挟んだり、ドロワーズも色を選んでみたりと、様々な部分で組み合わせを楽しむ事が出来ます。

 

 

また、パニエスカートの類似品として、シフォンスカート・チュールスカート・チュチュなど、パニエのような雰囲気を持っている物もあり、ショップによっては混同されている場合もあります。
※画像はAmazonのシフォンスカート

 

使い方はアイデア次第なので、自由に自分の好みで楽しんでみると良いと思います。

【⇒パニエのおすすめショップランキング!】