難しいクラシカルロリィタ パニエ ボリューム調整

難しいクラシカルロリィタのパニエのボリューム調整はみんなどうしてる?

パニエと言えば代表的なファッションスタイルとしてロリィタファッションがあります。

 

ロリィタファッションにも様々なスタイルがあって、そのスタイル毎にパニエの量も若干異なっているという事は経験者なら理解している事だと思います。

 

 

クラシカルロリィタ(クラロリ)というファッションは、Wikipediaによると

 

  • 甘ロリよりも落ち着いた雰囲気でシンプル。
  • 1950年代のお嬢様風の甘めのもの
  • フリル・レースは控えめ
  • スカート丈はひざ下

 

 

という特徴があげられます。

 

 

シンプルでエレンガントな特徴がある為、ロリィタファッション入門者にもオススメされているファッションスタイルです。

 

 

そんなクラロリですが、ロリィタファッションは雰囲気がとても大切ですので、クラロリらしさを出すには、パニエもスタイルに合ったものを選ばなければなりません。

 

 

ですので、クラシカルロリィタファッションをする時に一般的なロリィタファッションに使用するパニエをそのまま使用すると違和感を覚えてしまう事が多々あります。

 

 

あまり膨らませすぎても落ち着いた雰囲気は出ませんし、ボリュームを抑えすぎてもみすぼらしくなってしまったり、可愛らしさが失われてしまったり、下品に見えてしまったり…と、ここはかなり皆さん頭を抱えて悩んでしまう問題のようです。

 

 

そんな時にはパニエを上手く調整する事になるのですが、皆さんどのようにしているのか意見を聞いてみると

 

  • ハードチュールで1枚でボリュームを出すよりも、控えめな柔らかい生地のパニエで調整してコーディネートする。
  •  

  • 繊細なパニエで調整不可能な時の為にペチコート・フリルスカート・シフォンスカート・ドロワーズ・ブルマ・かぼちゃぱんつなどで細かく調整するようにする。

 

など、様々な方法で微調整しているようです。

 

 

パニエの形状は曲線状(クリノリン状)ではなく、直線的に裾広がりに適度にボリュームを持たせるとゴージャス過ぎない落ち着いた雰囲気が出ます。

 

 

また。全体的なファッションのポイントとして

 

  • 落ち着いた色・柄・デザインのワンピース・ジャンパースカートなどを着る
  • ヘアアクセ・ヘアカラーも落ち着いた感じ
  • アクセサリーはアンティークゴールドなどクラシカルな雰囲気のあるものを選ぶ
  • シンプルで上品なシューズ

 

など、それぞれのアイテムに拘ってトータルコーディネートする事で雰囲気が醸し出されます。

 

 

パニエの量と合わせてバランスを整えるようにすると、素敵なクラロリらしさが表現出来るようになると思います。

 

 

クラシカルロリィタファッションは

 

  • Victorian maiden
  • Juliette et Justine
  • Innocent World

 

 

などのブランドを参考にしてみると良いと思います。

 

※画像はAND ROMEO クラシカルワンピAmazon


【⇒パニエのおすすめショップランキング!】