エンパイアドレス パニエ Aライン

エンパイアドレスにパニエを履いてAラインみたいにするのはあり?なし?

ウエディングドレスで近年注目を浴びているものにエンパイアラインのウェディングドレスがあります。

 

 

エンパイアドレスの特徴は、バスト下からストンと落ちたシルエットがギリシャ神話に出てくる女神のようなクラシカルさを持っています。

 

また、落ち着いた大人っぽさ以外にも、どこかふんわりキュートな少女のような雰囲気も兼ね備えている事からアレンジの幅も広いです。

 

それ以外にも、マタニティウェディングの場合や、気になる体型のカバー等にも利用出来ますので、見た目の可愛さ以外にもこういった点も人気を集めている理由の一つだと思います。

 

 

そんなエンパイアドレスですが、結婚式のお色直しなどで、パニエを履いてAラインぽく履くのはありなのかなと考えてしまう事はあるかもしれませんが、これはものにもよりますが、裾・丈などが足りなくなったりおかしくならなければ問題はありません。

 

実際に、ストンとしすぎて寂しかったので、結婚式でエンパイアドレスにパニエを合わせてボリュームを出して履きましたという例はあります。

 

エンパイアドレスにパニエを入れて広げて着用すると、ドレスは緩やかなAラインのようになりますが、ふわふわ柔らかく可愛らしい雰囲気になります。

 

 

ですので、お色直しでストンとした状態と、パニエで膨らませるパターンと2通りのバリエーションを演出するのも効果的だと思います。

 

 

また、イメージチェンジ・お色直しで印象を変えるには、パニエ以外にも全体的なドレススタイリングを色を使って変えて行くと効果的です。

 

 

  • ブーケ
  • ベール(ロングベール・マリアベールなど)
  • グローブ
  • ケープ
  • ボレロ
  • アクセサリー(パール・宝石など)
  • ヘッドアクセサリー・髪飾り(花冠など)
  • ヘアスタイル(カールやふわふわガーリースタイルなど)

 

 

など、パニエでシルエットを変える以外にもこの様な部分に色を足して行く事で大きな変化を持たせる事が出来ますので、お色直しの際には、大胆に変化を加えてみると良いと思います。


【⇒パニエのおすすめショップランキング!】