大人 さりげないパニエ ふんわりさせたい

大人になってもさりげないパニエでふんわりさせたい!

10代前半から20歳くらいまで、ロリータファッションが好きでよく集めては着ていました。

 

ブランドで言うと気合を入れている時はヴィクトリアンメイデンやベイビーザスターズシャインブライト、普段着っぽい時はエミリーテンプルキュート、ミルクなどがお気に入りでした。

 

 

いずれもパニエは欠かせず、ミニ丈、ひざ丈、白、黒、ピンクなど洋服によって使い分けられるようにいくつも持っていました。

 

パニエが必要な理由は、それらのブランドのお洋服がパニエで膨らませた方が美しいものが多いからで、上半身はぴったっときちんと、腰から下は立体的にふんわりと華やかに、そこからスッとちょこんと足が伸びるシルエットがお人形の様で癖になってしまいます。

 

 

若いころは丈もミニ丈が好きで、ニーハイと合わせたりすることも多かったですが、30代になる今はさすがに太もも露出は痛々しいので、ひざ丈や膝下丈のスカートを履いています。

 

本格的なロリータファッションもしなくなりましたが、やはり少し引きずっているのか甘目やちょっとだけ毒々しいデザインのワンピースやスカートを選んでしまいます。

 

 

パニエも、ごく薄い生地のボリュームのおとなしいタイプのものを忍ばせては、今でも楽しんでいます。

 

 

 

パニエを利用するのはロリータファッションだけしか出来ないとも思ってしまいがちですが、最近のファッションは自由度が高いですから、ロリータファッションではなくともパニエを利用する事は出来ると思います。

 

パニエは元々、スカートをふんわりさせるのが目的のアイテムですから、スカートのラインを調整したい時には薄手のパニエを使えば普通のファッションにも取り入れる事は可能です。

 

 

さりげないオシャレですが、それだけでも見た目は全然違いますし、自分の気分も良くなると思います。

 

ロリータファッションじゃない大人パニエは、ロリータファッションを卒業した人にもおすすめです。

 

 

時々取り入れてみてはいかがでしょうか。

【⇒パニエのおすすめショップランキング!】